カテゴリ:競馬colum( 16 )

 

WE DON'T NEED A HERO

先日のきさらぎ賞、新馬戦を買ったばかりのオーシャンエイプスという馬が1.2倍の圧倒的な一番人気に推された。

新馬戦は持ったままの大楽勝、鞍上の武豊も好感触を得ていたようで当日の新聞にはG3勝ち馬のナムラマース他を抑えて◎印がグリグリになっていた。

結果は残念な事に4コーナーでは先頭を捉える位置にスッと上がってくるも直線延びきれず最後はバテて後続に交わされ4着。

レース前にはどこの新聞も”ディープを超える素材”だのなんだの騒いでおいて翌日には手の平を返したように”実力はこんなもの”だの”サンデー産駒のディープとは秘めた能力が違う”だの言いたい放題。ついでに2ちゃんねるでも叩かれまくりという散々な結果になってしまった。

ディープインパクト引退直後なだけにニューヒーローの登場が期待されてしかるべきなのは当然も、今回のオーシャンエイプス騒動は明らかに作為的なものを感じた。
新馬戦を武豊が乗って楽勝した馬なんて腐るほどいる。オーシャンエイプスは別な意味で生まれた時代が悪かったといえるかもしれない。

期待が大きすぎると一度それを裏切った印象は後々まで強く残る。只、この馬はディープのような天才肌のサンデーサイレンス産駒とは違い叩き上げ血統のマヤノトップガン産駒である。すぐには才能を開花できずとも大器の可能性は確実に秘めている。世間が目を離した隙にきっとどこかでドカンとやってくれると思う。今回のまとめ

①過剰にマスコミに煽られる人気馬は信用しない
②すぐ手の平を返すメディアは信用しない

以上。当たり前の話だけど大衆に迎合しないっていうのは人間難しいモンですな。
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2007-02-13 23:08 | 競馬colum

愛の逃避行

の親友に付合うべく福岡に行きます。
帰りは小倉でジャパンカップを見ます。
金が飛んでいく。のでその前に一稼ぎ。

<<JCダート>>

G1で2着が8回のシーキングザダイヤ。前走の南部杯でも負ける相手がいないようなメンバーだったにも関らず先輩のタイムパラドックスに花を持たせるためか図ったように2着。自分の仕事はこなして華やかな部分は上司に譲るサラリーマンの鏡のような彼だがそろそろ勲章の一つも頂いていい頃だ。この路線ではもう十分に古株。万年係長返上へ最後のチャンスかもしれない。

相手にはメイショウバトラー。今年に入ってダート路線に向かってきた。奇しくもダイヤとは同世代。ダイヤが女性に花を持たせる可能性もあるので頭もある。

単穴はこちらも苦労人のハードクリスタル。函館のダート1700mで下積み時代を走っていた日々が懐かしい。今年は重賞を2勝し完成期に入った感じがある。この面子なら十分に通用する。

抑えは内田博幸@フサイチリシャールと復活したストームキャット系のサンライズバッカス。あとヴァーミリアンまでか。
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2006-11-25 11:37 | 競馬colum

【競馬】カナハラドラゴンとの思い出について語る

11Rの競走中止
9番カナハラドラゴン号(大西 直宏騎手)は、
他の馬に関係なく馬体に故障を発症し、向正面で競走を中止しました。
馬 :左第1指骨粉砕骨折 ※予後不良

また一頭、名脇役がターフを去る事になった。

8歳まで元気に走り、無事是名馬コースであったがまさかのレース中の故障から予後不良。

最近はローカルの名脇役として福島や新潟で人気薄で好勝負を演じて穴党を喜ばせていたが、実は東京コースも大得意だったのは最近のファンにはあまり知られていない。白富士ステークスを連覇し、条件馬時代のメイショウカイドウやマイネルアムンゼンなどと渋い勝負を演じていたのは私が競馬にはまり込んでいた大学3年から4年の間。

私が就職し、大分に来てからふいに彼は今までの関東のオープン特別大将を卒業し、ローカルの重賞に頻繁に顔をだして穴を開けるという新しい自分を開拓していた。馬7歳にして、立つ。

血統が地味なせいか、穴を開けても開けても人気が上がらない不思議な馬でもあった。

人に例えるなら転勤族の地方配属で家族を都会に残して単身赴任、仕事はそこそこだけど部下からは慕われていた万年課長代理、不慮の事故死といった感じ(失礼!)だがどうか安らかに。。。
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2006-07-11 23:12 | 競馬colum

japanese super teacher

本日日本時間朝8時に行われたアメリカン・オークスに日本のアサヒライジング(牝3歳)が出走。

桜花賞5着、オークス3着と日本では善戦どまりだったが果敢にアメリカのオークスに挑戦。鞍上に名手エスピノーザを迎えてなんと1番人気で出走したようだが結果は離された2着。

思えば父親のロイヤルタッチも大舞台でひと踏ん張りが足りないイマイチ君だったが、一番娘もイマイチちゃんなのだろうか。

今回は得意の先行策がとれず捲ったようだが逃げていても多分2着だったのだろうなぁ。ロイヤルタッチ×ミナガワマンナなんて日本でも渋い血統の馬がアメリカのG1を勝ったりしたら面白かったが。

これでアメリカンオークスは3年連続日本馬が連帯。去年は向こうの競馬ファンに「ジャパニーズスーパスター」と言わしめたシーザリオと福永祐一が圧勝したが、やっぱりアサヒライジングも地元の騎手なんて乗せないで一番手の合う”ジャパニーズスーパーティーチャー・ヨシトミ・シバタ”と共に挑むべきであった。
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2006-07-03 23:58 | 競馬colum

ざ・G1

さて、日曜日は会社に出ないと誓いました。只でさえ仕事が廻りきらない現状、何かしら制限を設けてやっていかないと永遠に廻っていかないので。よって明日は髪を切ったり競馬をしたりして一日過ごします。実に有意義・・・か!?

フェブラリーステークス

冬のG1フェブラリーステークス。ダート競馬好きな自分としてはある意味1年で最も楽しみなレースと言えるでしょう。条件馬時代から見守ってきた馬が晴れてG1出走となればなんとなく感無量。ちょっと違いますが、今が旬のアイドルを売れない時代から見守ってきたようなものです。

但し予想に私情は挟みません。今回のような混戦になるとどの馬から買っていいのか検討がつかないが、ここは混戦を断ち切る切れ味に期待してリミットレスビッドからいきたい。
ダートに変わった前走・前々走ともにすばらしい切れ味でG1に殴りこんできた。サンデー×ノーザンテーストは聖剣と呼ばれたマイルG1馬デュランダルと同配合。砂の聖剣は限界知らず、となれば最高だ。

対抗は近走の堅実さが光るシーキングザダイヤ。左回りも得意、スタート地点の芝も問題なしとくれば、カネヒキリを逆転する目もあるとみた。平均的に早いラップを刻むレースになると強いストームキャット産駒。早世した名牝・母シーキングザパールの血をつなげていくためにもG1タイトルは欲しいところだ。

単穴も同じストームキャットの系統のヘネシーを父に持つサンライズバッカス。前走は前がつまり全く競馬をしていない。むしろダメージが残らない本番にはいい結果になったのではなかろうか。不安は鞍上の柴田善臣大先生だけである。

抑えに実力No.1のカネヒキリ、ダート無敗のタガノゲルニカ、人気の落ちたスターキングマンまでか。

◎リミットレスビッド
○シーキングザダイヤ
▲サンライズバッカス
△カネヒキリ
△タガノゲルニカ
△スターキングマン
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2006-02-19 01:57 | 競馬colum

たまには浪漫派予想

オークス 東京 芝2400m

( )内は性齢、騎手・調教師
△ 1-1 エリモファイナル(牝3、内田博幸・大久保正陽)
  1-2 ブリトン(牝3、田中勝春・武邦彦)
  2-3 コスモマーベラス(牝3、柴山雄一・中村均)
◎ 2-4 シーザリオ(牝3、福永祐一・角居勝彦)
▲ 3-5 エアメサイア(牝3、武豊・伊藤雄二)
  3-6 アドマイヤメガミ(牝3、池添謙一・松田博資)
△ 4-7 レースパイロット(牝3、蛯名正義・松田国英)
  4-8 アスピリンスノー(牝3、小野次郎・森秀行)
○ 5-9 ディアデラノビア(牝3、K.デザーモ・角居勝彦)
△ 5-10 ライラプス(牝3、後藤浩輝・松田国英)
  6-11 エイシンテンダー(牝3、武幸四郎・武邦彦)
  6-12 ピューマカフェ(牝3、須貝尚介・小島太)
  7-13 ランタナ(牝3、江田照男・大江原哲)
  7-14 ジョウノビクトリア(牝3、横山典弘・森秀行)
  7-15 ヤマニンアリエル(牝3、柴田善臣・浅見秀一)
  8-16 ビッグフラワー(牝3、北村宏司・中尾正)
8-17 ショウナンパントル(牝3、吉田豊・大久保洋吉)
  8-18 ジェダイト(牝3、藤田伸二・池江泰郎)

桜花賞を勝ったラインクラフト、3着だったデアリングハートがNHKマイルカップに廻った(結果男馬相手にこの2頭でワンツー)ために、桜花賞2着のシーザリオが圧倒的に人気を集めている。前回は窮屈な馬群をこじ開けてゴール前ラインクラフトにきわどく迫った。父は東京2400mのスペシャリストだったスペシャルウイーク。シーザリオが父の産駒で初G1制覇となるか。注目。
スペシャルウイークの同期にエアデジャヴーという牝馬戦線を盛り上げた小さな馬が居た。牝馬3冠路線で、桜花賞3着・オークス2着・秋華賞3着という堅実派。結局G1には手が届かなかったが、この世代から競馬を見始めた自分の中では名脇役としてその辺のG1馬より印象深い。その娘エアメサイアも桜花賞4着からここへ。母親以上の成績が残せるだろうか。目指せ3着。
b0066235_0524620.jpg

[PR]

  by take_st_dd_cm | 2005-05-22 00:56 | 競馬colum

連休初日

木曜日は調布で同期と飲みまくり、金曜から連休スタート。いきなり予定ナシw
休みの日だと言うのに癖で5時半過ぎに起きてしまう。まだ3時間ぐらいしかねてねぇよw
部屋でだらだらとダビスタをしながら本を読む。1時ごろ腹が減ってきたのでなんか食いに行こうとおもうが、今住んでる町にはあまり行きたい所がない・・・

そういえばがんこが祝日はスペシャルやってたなと思い立ち、一路馬場へ。ベーコン&白ワインスープのラーメンで美味かった。腹が満たされると馬場に用はなくなったので立ち去る。カフェで勉強しようかと思って本をバイクに積んできたがラーメンの後コーヒーって気にはならない。

そのまんま甲州街道を下り、先輩の家に寄るも今から予定があるとのことで遊べず。仕方なく帰宅。MXテレビでZガンダムをやってたので見る。意味のない一日だった・・・


天皇賞春 G1 京都 芝3200m 一着賞金13200万

( )内は性齢、騎手・調教師
▲ 1-1 ザッツザプレンティ(牡5、岩田康誠・橋口弘次郎)
  1-2 アクティブバイオ(牡8、小牧太・崎山博樹)
  2-3 アドマイヤグルーヴ(牝5、武豊・橋田満)
  2-4 トウショウナイト(牡4、武士沢友治・保田一隆)
  3-5 ユキノサンロイヤル(牡8、小野次郎・増沢末夫)
  3-6 リンカーン(牡5、福永祐一・音無秀孝)
○ 4-7 シルクフェイマス(牡6、四位洋文・鮫島一歩)
◎ 4-8 ヒシミラクル(牡6、角田晃一・佐山優)
  5-9 チャクラ(牡5、後藤浩輝・安達昭夫)
  5-10 スズカマンボ(牡4、安藤勝己・橋田満)
  6-11 ハイアーゲーム(牡4、吉田豊・大久保洋吉)
△ 6-12 マカイビーディーヴァ(牝6、G.ボス・L.フリードマン)
△ 7-13 アイポッパー(牡5、藤田伸二・清水出美)
  7-14 サンライズペガサス(牡7、幸英明・石坂正)
  7-15 マイソールサウンド(牡6、本田優・西浦勝一)
  8-16 ハーツクライ(牡4、横山典弘・橋口弘次郎)
  8-17 ビッグゴールド(牡7、和田竜二・中尾正)
  8-18 ブリットレーン(牡6、吉田稔・加賀武見)

一昨年の勝ち馬、ヒシミラクル。怪我で1年戦列離脱し、復帰後は冴えないレースが続いたが前走京都記念で3着とようやく復調してきた。シンボリクリスエス、タップダンスシチーをまとめて沈めてきた実力はまともならこの程度のメンバーに負けている場合ではない。
相手は堅実派シルクフェイマス。岩田で一発ありそうなザッツザプレンティ。
抑えに豪州最強の呼び声高いマカイビーディーヴァ、京都大好きアイポッパー。

1番怖いのは重賞勝利はいつも人気薄、ベテラン河内騎手の最後の重賞騎乗をゴール直前で差しきるは、マイラーと思わせておいて突然3000mで前走半身大章典を制して見せるわの平成の名コンビ、マイソールサウンド&本田優。空気を読まない彼らの走りにも注目したい。
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2005-04-30 09:44 | 競馬colum

脚付のちょっと良いとこ見てみたい

脚付です。土曜はコリントシチーが頑張ってくれました。この馬をユウコリンシチーというあだ名で呼んだらキモイと言われました。自業自得です。今回のコラムは瓦版と共通で行きます。

桜花賞

個人的に一年で1番好きなレースです。ファレノプシスが勝った桜花賞から競馬を好きになりました。あの時3着に敗れたエアデジャヴーの娘、エアメサイアが今年は走ります。お母さんよりも良い成績がのこせるのでしょうか。

本命はアンブロワーズでいきます。デピュティミニスター系は格上にはあっさりやられても、混戦の中地力で浮上してきます。実力ならこの馬が1番かと判断しました。

対抗シーザリオ。スペシャルウイーク世代から競馬を見ていると、この馬にはなんとかして、東京の2400(オークス)で勝って欲しいですが、桜花賞でも3戦3勝の地力は生かせるのではないでしょうか。

単穴にショウナンパントル。ジュベナイルフィリーズの脚は忘れられません。あとは、名門松山厩舎のペニーホイッスル、ライラプス、エアメサイア。

◎アンブロワーズ
○シーザリオ
▲ショウナンパントル
△ペニーホイッスル、ライラプス、エアメサイア
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2005-04-10 01:24 | 競馬colum

日経新春杯回顧

タ○イ の発言 :
京都とった?
take@寮  の発言 :
メインですか?
タ○イ の発言 :
そう
take@寮  の発言 :
ナリタが沈んだので・・・
タ○イ の発言 :
ユキノスイトピーは
take@寮  の発言 :
キタノスザクが抜けで…
タ○イ の発言 :
マエケンもそんなこといってた
take@寮  の発言 :
まえけんさんにさっき会って
take@寮  の発言 :
タ○イさんが今日調子がいいと聞いたんで
タ○イ の発言 :
マーブルチーフの1頭軸で
タ○イ の発言 :
サクラが降着すればもっともうけてた
take@寮  の発言 :
すげー!
take@寮  の発言 :
マーブルから買おうとも思ったんですが
take@寮  の発言 :
さすがにそこまで思い切りよく買えず
take@寮  の発言 :
ナリタと絡めてしまいました
タ○イ の発言 :
去年もおんなじ感じだったよ。しかもオレこのレースと相性いいんだよね
タ○イ の発言 :
4年くらい
take@寮  の発言 :
そういうネタはレースの前にお願いしますw
タ○イ の発言 :
四位が京都2400巧者で、今年いなかったからあせったけど
take@寮  の発言 :
確か3連覇ぐらいしてましたもんね
タ○イ の発言 :
池添ならはやめにいくかなと
take@寮  の発言 :
なるほど
take@寮  の発言 :
前に行ったときは飛ぶかとおもったんですが
タ○イ の発言 :
スローぽかったしね。結果的によかったんじゃないかな
take@寮  の発言 :
ですね
take@寮  の発言 :
コイントスも地味に復活してましたし
タ○イ の発言 :
オレの狙いだったんだけどなあ。サクラがいなきゃ大もうけだったんだけど
タ○イ の発言 :
あとオレ携帯おとしたから、電話番号をメールしといてよ
take@寮  の発言 :
あ、そうなんですか。
take@寮  の発言 :
じゃあやっときます。
タ○イ の発言 :
そんじゃあね
take@寮  の発言 :
お疲れ様です

日曜日
購入金額  9800円
払戻金額  6230円

今週終了時点累計
購入金額 47200円 
払戻金額 25370円
回収率    53.8%

ジリジリと負けが増えていく…。午前中のレースしか当たらない病。
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2005-01-17 01:01 | 競馬colum

馬券力向上委員会

今週はあまりレースをゆっくり見ることができなかった。大きなレースもなかったが、春のG1戦線に向けて、万葉Sを勝ったアイポッパー・ガーネットSを買って新境地を見出したメイショウボーラー・黒竹賞圧勝のシンメイレグルス等、今後楽しみな馬が出てきた。

今週は土曜日まで不調を引きずってしまったが、日曜・月曜は馬券の組み立て方を馬連・馬単メインとし、少しずつではあるがプラスの方向に向かってきた。大胆かつ無駄のない予想・隙のない買い目をモットーに今後も精進していきたい。

土曜日
購入金額  9100円
払戻金額   660円 

日曜日
購入金額  6700円
払戻金額  6890円

月曜日
購入金額  7200円
払戻金額  7870円

今週終了時点累計
購入金額 30200円 
払戻金額 17090円
回収率    56.6%
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2005-01-10 22:58 | 競馬colum

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE