WE DON'T NEED A HERO

先日のきさらぎ賞、新馬戦を買ったばかりのオーシャンエイプスという馬が1.2倍の圧倒的な一番人気に推された。

新馬戦は持ったままの大楽勝、鞍上の武豊も好感触を得ていたようで当日の新聞にはG3勝ち馬のナムラマース他を抑えて◎印がグリグリになっていた。

結果は残念な事に4コーナーでは先頭を捉える位置にスッと上がってくるも直線延びきれず最後はバテて後続に交わされ4着。

レース前にはどこの新聞も”ディープを超える素材”だのなんだの騒いでおいて翌日には手の平を返したように”実力はこんなもの”だの”サンデー産駒のディープとは秘めた能力が違う”だの言いたい放題。ついでに2ちゃんねるでも叩かれまくりという散々な結果になってしまった。

ディープインパクト引退直後なだけにニューヒーローの登場が期待されてしかるべきなのは当然も、今回のオーシャンエイプス騒動は明らかに作為的なものを感じた。
新馬戦を武豊が乗って楽勝した馬なんて腐るほどいる。オーシャンエイプスは別な意味で生まれた時代が悪かったといえるかもしれない。

期待が大きすぎると一度それを裏切った印象は後々まで強く残る。只、この馬はディープのような天才肌のサンデーサイレンス産駒とは違い叩き上げ血統のマヤノトップガン産駒である。すぐには才能を開花できずとも大器の可能性は確実に秘めている。世間が目を離した隙にきっとどこかでドカンとやってくれると思う。今回のまとめ

①過剰にマスコミに煽られる人気馬は信用しない
②すぐ手の平を返すメディアは信用しない

以上。当たり前の話だけど大衆に迎合しないっていうのは人間難しいモンですな。
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2007-02-13 23:08 | 競馬colum

<< 来分ラッシュ Point of No Return >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE