ざ・G1

さて、日曜日は会社に出ないと誓いました。只でさえ仕事が廻りきらない現状、何かしら制限を設けてやっていかないと永遠に廻っていかないので。よって明日は髪を切ったり競馬をしたりして一日過ごします。実に有意義・・・か!?

フェブラリーステークス

冬のG1フェブラリーステークス。ダート競馬好きな自分としてはある意味1年で最も楽しみなレースと言えるでしょう。条件馬時代から見守ってきた馬が晴れてG1出走となればなんとなく感無量。ちょっと違いますが、今が旬のアイドルを売れない時代から見守ってきたようなものです。

但し予想に私情は挟みません。今回のような混戦になるとどの馬から買っていいのか検討がつかないが、ここは混戦を断ち切る切れ味に期待してリミットレスビッドからいきたい。
ダートに変わった前走・前々走ともにすばらしい切れ味でG1に殴りこんできた。サンデー×ノーザンテーストは聖剣と呼ばれたマイルG1馬デュランダルと同配合。砂の聖剣は限界知らず、となれば最高だ。

対抗は近走の堅実さが光るシーキングザダイヤ。左回りも得意、スタート地点の芝も問題なしとくれば、カネヒキリを逆転する目もあるとみた。平均的に早いラップを刻むレースになると強いストームキャット産駒。早世した名牝・母シーキングザパールの血をつなげていくためにもG1タイトルは欲しいところだ。

単穴も同じストームキャットの系統のヘネシーを父に持つサンライズバッカス。前走は前がつまり全く競馬をしていない。むしろダメージが残らない本番にはいい結果になったのではなかろうか。不安は鞍上の柴田善臣大先生だけである。

抑えに実力No.1のカネヒキリ、ダート無敗のタガノゲルニカ、人気の落ちたスターキングマンまでか。

◎リミットレスビッド
○シーキングザダイヤ
▲サンライズバッカス
△カネヒキリ
△タガノゲルニカ
△スターキングマン
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2006-02-19 01:57 | 競馬colum

<< グレイト!(不祥事の)数だけは... なんか・・・様子がヘンです。。。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE