スター誕生

に沸いたダービー。ディープインパクトの強さに日経新聞まで大きな扱いをしている。とにかく無事に行きさえすれば、菊を勝ってあっさりと3冠を達成するのだろうか。久々に出てきたスターホースをJRAも必死になって盛り上げている。

「ここ一番で勝負できるかできないか、攻めて攻めてここまで来た。完璧に乗ってこの結果。悔しさを通り越して清々しさすら感じる。」

と語った2着インティライミの佐藤哲三。4コーナーで内をついて早めに抜け出し、残り200mまでは先頭を死守した。ディープの破格の爆発力には屈したが勝ちに行っての2着。競馬をしていたのはこの2頭だけだった。3000mの菊花賞で同じ競馬が出来れば、秋までの成長次第では逆転もある。

とにかくディープは故障との戦いだろう。ここまでの規格外の馬は概して能力に脚が持たずに早期引退となるケースが多い。トウカイテイオーもサニーブライアンも菊花賞には出走すら出来なかったのを忘れてはいけない。

話し変わって生保面接。

うちの研修所は現在総合職のみで、女性は全体の1割ぐらいしか居ないので色々と溜まってる連中も多い(理系の自分はもう慣れたもの)。それを知ってか生保のグループ会社からやってきた精鋭部隊と思しき美女軍団(笑)。なるほど、そういう世界ですか。

てきトーにあしらって誤魔化すか、なんて思っていくとなんと!!以前適当にアンケートを取っただけだったのに既に見積書が出来上がっていた(笑)俺の人生設計勝手にすんなよ…


「いやー、自分まだ半人前ですし学生時代に買ったバイクのローンとか残ってるんですよね(もうないけど)。しばらくして借金返してきたらもちろん御社の生保に入ろうと思ってますが今はまだキツイんですよねージッサイ。」


生保のおねーさん
「(めっさ上目遣いで)バイク、危ないから止めて下さい。。。
もし事故にでもあわれて、介護が必要になったらどうなさるおつもりですか?ご両親が面倒見てくださることになるでしょうけれども、必要になるお金はお父様とお母様が自分達の老後のことを考えて貯めてきたお金ではないのですか?自分にはまだ関係ないとお思いでしょうが三大成人病は云々・・・(ry」


ああ、この人はこれでのし上がってきたんだろうなー。ジッサイまぁ引っかかって印鑑押しちゃう人は結構居るだろうね。俺の知り合いにもそうなりそうな奴がいるな(笑)

しかし商品がねぇ、今ひとつパッとしないのですよ。死亡保障よりも医療保障なのは悪くないんだが、10年毎の保障内容見直しで終身保険に移行も可。若いうちには保険料安く入れるけど、年を取るに連れての保険料のあがり方は半端じゃない。そこそこの保険料と一見便利なオプションに騙されて、終身保険に移行されたら完全に囲い込み成立だもんなぁ。まだ若いし、医療保険だけで良いと思ってる俺にはちょっと・・・なのですよ。
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2005-05-30 20:30 | 日記

<< 特別な時間 もう週末か・・・ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE