北朝鮮戦

テレビ観戦してました。下馬評では圧勝だとか、開始3分の先制点で安心してしまって油断ができたか、選手を入れ替えてからの北朝鮮の切り返しは凄かったですね。相手の監督の名前は知りませんが、勝つために何とか現状を打破しなければいけない。そのために早めに交代をして次々と新しい手を打ってくる姿勢は学ぶものがあるかな、と思いました。

国内組でもこのぐらいならなんとかしてくれるだろうとのんきに構えて、いい流れのときにはまだしも、悪い流れが長く続いてるのに選手を信じているんだかなんなんだかのんきに構えるジーコ監督。点を取られて慌てて、選手交代してロスタイムでなんとか勝ち越し点。勝つには勝ったけど、采配はずっと後手後手。先が思いやられますね。

だれかがなんとかしてくれるだろうなんて他力本願だからイングランディーレなんかに3200m逃げ切られるんです、日本の騎手も。

以上、酔っ払ってナイター見てる親父レベルの試合分析でした。

明日から福岡に旅立ちます。でわでわ。
[PR]

  by take_st_dd_cm | 2005-02-09 21:55 | 日記

<< 旅疲れ とうとう >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE